1. TOP
  2. 会社情報
  3. トップメッセージ

トップメッセージ

「いつまでも健康でありたい」という願いに、
「お客様第一」の視点で応え続けていく

「いつまでも健康でありたい」「いきいきとした生活を送りたい」と願うお客様に対して、「優れた製品と適切な情報=ブランド」をお届けすることにより、健康寿命の延伸に貢献し続けるのが、私たち武田コンシューマーヘルスケアのミッションです。

日本は世界最高レベルの長寿国である一方、少子高齢化による人口減少が急速に進行している課題先進国でもあり、団塊の世代が後期高齢者に達する2025年に加え、団塊ジュニア世代が65歳を迎え、高齢者数がピークに達する2040年を見据えた議論が活発化しています。

また、社会保障給付費の推計では2040年度の医療費はおよそ70兆円と現在の40兆円から大幅に増加する一方、現役世代(15~64歳)人口は約17%も減少することが見込まれています。

このような状況において「健康寿命の延伸」は日本にとって喫緊の課題であり、政府は「2040年までに3年以上健康寿命を延伸する」という目標を掲げています。

私たちは武田薬品創業以来238年にわたり、医薬品で培った知識や経験を活かし、未病の改善や軽治療をはじめとする「セルフケア」「セルフメディケーション」の領域において「優れた製品と適切な情報=ブランド」の提供を通じて、人々の健康に貢献することを目指しています。

武田コンシューマーヘルスケアの成長戦略の根幹にあるのは、私たちのビジョンに基づいた「お客様第一」の視点です。その上で、成長の軸となる4つの戦略テーマに焦点をあて、全部門が効果的に協働して取り組みを進めてまいります。

  • 1.アリナミン、ベンザのメガブランド化への取り組みと、定番基幹ブランドの育成
  • 2.自社スイッチOTC薬の導入
  • 3.通販事業の再構築
  • 4.インバウンドの活性化を含む中華圏海外事業の成長

私たち武田コンシューマーヘルスケアは、武田薬品グループの一員として、「お客様との約束(ブランドプロミス)」に誠実に応え続けるために、「優れた製品と適切な情報」の提供を通じ、「人々の健康」に貢献してまいります。

代表取締役社長
野上 麻理