1. TOP
  2. CSR活動

CSR活動

武田コンシューマーヘルスケアは、人々の生活に密着した企業市民活動を通じて、「健康寿命の延伸」に貢献していきます。

武田コンシューマーヘルスケアのCSRの考え方

武田コンシューマーヘルスケア(以下、TCHC)は、「健康のまま人生を謳歌したい」と願うお客様に対して、「優れた製品と適切な情報」を提供することがCSRの根幹であると考えています。
そのうえで、「事業プロセス」全体の健全性の維持・向上に努め、また、「企業市民」として社会の持続可能性を高める活動に関わることで、
社会との深い信頼関係を築いてTCHCの評価を高め、さらなる「ヘルスケア事業」の成長へとつなげる、CSRによる価値創造・保全モデルを実践しています。
具体的な活動の推進にあたっては、国連グローバル・コンパクト(GC)の10原則などの国際的な規範や、「持続可能な開発目標(SDGs)」などの国際的な長期目標を参照しています。

  • 1:貧困をなくそう
  • 2:飢餓をゼロに
  • 3:全ての人に健康と福祉を
  • 4:質の高い教育をみんなに
  • 5:ジェンダー平等を実現しよう
  • 6:安全な水とトイレを世界中に
  • 7:エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 8:働きがいも経済成長も
  • 9:産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10:人や国の不平等をなくそう
  • 11:住み続けられるまちづくりを
  • 12:つくる責任つかう責任
  • 13:気候変動に具体的な対策を
  • 14:海の豊かさを守ろう
  • 15:陸の豊かさも守ろう
  • 16:平和と公正を全ての人に
  • 17:パートナーシップで目標を達成しよう
  • SASTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

※ 持続可能な開発目標(SDGs)の詳細については、こちらをご覧ください。
(グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンに移動します。)

品質に関する取り組み

当社と武田ヘルスケアはお客様に一貫した製品・サービスを提供し、顧客満足を向上させるための国際規格であるISO9001品質マネジメントの認証を取得しました。
今後も更なる経営品質の向上に努めてまいります。

経営品質方針についてはこちらをご覧ください。

  • 9:産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 12:つくる責任つかう責任

正しい情報提供に関する取り組み

優れた製品を開発、安定供給するとともに、当社製品や「セルフケア」「セルフメディケーション」に関する情報提供を行っています。

  • 3:全ての人に健康と福祉を
  • 4:質の高い教育をみんなに

タケダ健康サイト

気になる症状・疾患の原因と対処法をわかりやすく解説している「症状・疾患ナビ」、
身近な薬の説明ガイドなどの「健康ライフ大百科」、
ブランド名や症状カテゴリーから検索できる「製品情報」など、
さまざまなお役立ち情報を提供しています。

武田薬報web

薬局・販売店を訪れるお客様の生活に密着した役に立つ情報を豊富に提供しています。

タケダ学校向け教育プログラム

一人ひとりの健康づくりの大切さに関心が寄せられ、セルフメディケーションに注目が集まる中、
当社は人々の健康に貢献するヘルスケア企業として、
学校向け教育プログラムの提供を通して、子どもたちの「健康づくり」を支援しています。

環境に関する取り組み

漢方製品に使用する生薬の自社栽培を通じ、医薬品原料の安定的な調達に加え、野生品自生地の生物多様性保全に貢献しています。

タケダが開発した「信州大黄」についてはこちらをご覧ください。
(タケダ漢方便秘薬のブランドサイトに移動します。)

  • 12:つくる責任つかう責任
  • 15:陸の豊かさも守ろう

従業員に関する取り組み

当社は健康でいきいきとした生活を送りたいと願う人々に貢献する会社として、社員自らもすこやかで豊かな生活を実現できるよう、フレキシブルワークを積極的に推進し、仕事と生活を両立しやすい職場環境づくりに取り組んでいます。

主な取り組み:部門間交流研修、全体会議、フレックスタイム勤務の導入ほか

詳しくはこちらをご覧ください。

  • 5:ジェンダー平等を実現しよう
  • 8:働きがいも経済成長も